キャッシングを利用する|事前確認をしっかり行なおう

審査に通るポイント

レディ

消費者金融でキャッシングをするときは、融資ができるか審査をしますが人によっては審査に通らずお金の借入ができない可能性があります。ほとんどの場合、主婦や学生など安定した収入がない人が審査に落ちる確率が高くなります。また、働いていて収入があるのけど審査に落ちる人もいます。そのような人には共通点があります。それが、債務整理をしてまだ日が経っていない、クレジットカードを複数枚所有している、携帯電話などの支払いが滞っているという点です。この3つのうちひとつでも当てはまるとキャッシングを受けられなくなる可能性が高くなるので、自分が当てはまっていないか確認しましょう。まず、債務整理をしてから五年間は基本的にキャッシングカードが作れません。なぜかといえば、信用情報機関に債務整理をしたという情報が記録されるからです。また、クレジットカードを複数所有している場合、キャッシングは年収の3分の1までという制限をすぐにオーバーしてしまいます。そのため、新規でキャッシングの申し込みをする場合はクレジットカードの整理をしておきましょう。そして携帯電話などの支払いが滞っている人は、債務整理同様に信用情報機関に滞っている事実が残るので、審査に通りにくくなります。また携帯代の返済ができない状態でキャッシングを受けても返済がうまくいかない可能性があるので、なるべくは避けるべきです。逆に、これらの条件に当てはまらない人はキャッシング審査に通る確率が高くなるので、安心して申し込みを行ないましょう。